広島で見つけたナイトの求人情報

父を早くに亡くして、母と弟の三人暮らしをしていました。

母はとても元気で、朝からスーパーのパートに出て、夕方からは飲食店の手伝いをして生計を立ててくれました。

特に不自由なく高校を卒業させてもらい、事務職の仕事をしていますが、もう少しお金を稼ぎたいので母と相談して、ナイトワークのアルバイトをすることにしました。

最初、母はナイトワークに対して少し抵抗感を持っていたようですが、自分の過去の経験や私の性格から判断して、了解をくれました。

但し、いくつかの約束を決められて、それを守る事が条件です。

ネットで広島市内のナイトの求人を調べたところ、とてもたくさんあり、迷ってしまいました。

母に相談しても、母もキャバクラの事はよく知らないので、求人情報に載っていた体験入店をして決める事にしました。

広島市内のそのお店は、私と同年代や少し若い人がほとんどで、みんな楽しそうに仕事をしていました。

マネージャーの紹介で先輩と一緒にお客様のところへ行き、初めて接客を経験しました。

その日はアッという間に終わり、マネージャーと相談して、もう1日体験をさせてほしいとお願いしました。

まだ、感想もありませんが、雰囲気だけはとても良かったので、続けられそうです。